読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらへった

どうしちまったんだよ琥珀さん

HiGH&LOWに救われたサレ女の話

こんにちは。Twitterに生きる女です。

夜は暇なので、なんとなく書きました。重い話だけど気が向いたら読んでね。

オールオブ自分語り!

 

ハイローに出会ったのは一昨年の秋。推し俳優窪田正孝がアクションをすると聞いて飛びついたはいいものの、いかんせんクソインキャこじらせて数年目の私にはEXILEがどうしても受け入れられず、進展しないストーリーにも飽きて視聴をやめた。まったく窪田出てこねえし。

そして時は流れ昨年初夏、私は人生4度目の恋愛において人生3度目の浮気サレ。

相手はかれこれ2年来の同僚。4月頭に付き合い5月中頃でお別れってなんなんだよ、早すぎんだろ愚図。

クソかよ。何が「待ってて」だ。「あいつには俺がいないと周りに何しでかすかわからない、お前を守るためだよ」?ふざけんな、昨日ヤッたって話しはもう耳に入ってんだよヤリチン。身持ちが硬くて飽きられ浮気されて捨てられるの、何回目だと思ってんだよ。そんな常套句聞き飽きましたサヨウナラ。

まあそんなさらっと行くわけでもなくグズグズに泣いていた深夜、寝るに寝られずテレビをつけてやけ食いしてた私の脳裏に、数日前見た”元仮面ライダーがオカマ役やるらしい”という情報が浮かび上がる。何でもいいから気を紛らわせたかった私はこれ幸いと日テレを選局した。

 

えっなんかこわい。回想から始まるし人轢かれてるし急に机蹴るし怖い。なにこれオカマ出てこないじゃん。YOU出てきちゃったよ…何を見せられてんの…。

っていう当時のつぶやき、今見てめちゃくちゃ笑ってる。

番組も中ごろまで進むと、なんかよくわからないハゲが黒服突き飛ばしてるし、女の子追いかけてるしで混乱もピーク。チャンネル変えるか…?って真剣に悩んだ記憶が残ってるけど、ここまでのハチャメチャさでもうすでにクソ元カレのことは頭になかった気がする。

そしてやっと現れたバイクヒーロー、剛やんけ!!!うわオカマ!!!!舌なめずり!!!!!!えっ彼氏同伴かよ。次に放った一言が、異様なまでに心に残っている。

「女の子をいじめちゃ、いーけないんだあ」

たった数か月前までチャラチャラした見た目で重い使命背負って戦ってた剛が、いまやしなやかな指使いで敵を小馬鹿にし、妖艶な笑みを浮かべてはなったセリフ。

えげつない、容赦ない攻撃に女の子も口覆って引いてる。でもめちゃくちゃきれい。

「さ、かわいがってあげるわ。ダウトちゃん」

別にいじめられたわけじゃないのに。自分だって頑固だったから飽きて捨てられただけなのに。白服の彼らが悪い男を挫き女を救う展開は、十分その時の心に沁みた。

 

「男に傷つけられた女を守るスカウト集団、White Rascals

どうやら銀歯のグラサン男が主宰する組織だということがその話の中でわかったこと。

そのあとのシーンはあまり記憶にない。彼らのことが忘れられなくて。

 

実は私は双極性障害を患っていて、調べていただければ分かることだが気分の上下を操ることができない。高揚した気分の時は全能感につつまれ、ふとした時に気分が落ち込むとその落差に耐えられない。躁状態での行いを後悔してめちゃくちゃ死にたい気持ちになる。生きている価値がわからない。自殺率が高いという。

まさにその時は鬱期であり、そこに追い打ちをかけたのが元カレとの別れ。躁期の自分何したっけとか考えるうちに本気で死にたくなって、身持ち硬すぎたからいけなかった、許せなかった自分が全部悪い。離れてほしくない。今から縋ればどうにかなるのかな。って馬鹿みたいに自分を責めていたところの、ハイロー。

女を自分の利のため追い詰める男を挫く物語。

自分そんなに悪いことしてないんちゃう?って思えて、その日はさほど時間もかからず眠れた。

 

それからはWhite Rascalsが気になって気になって仕方がなくて、グラサンと剛とその彼氏について考えてたら元カレのことで気を病む時間が減っていった。結局毎日顔は合わせるし彼女と手つないで目の前に現れるし、血反吐吐くほどつらい思いをした。そのたびにキジーのあのセリフを脳内再生した。女の子をいじめちゃいけないんだ。たった数分、数個のセリフしか喋っていない彼らについて、ずっと勝手な妄想をした。

 

待ちわびた次話。なぜかラインを寄こしてくる元カレのトークを非表示にして臨んだ。

グラサンもといロッキーは母と姉を父親が原因の自殺で亡くしており、その経験をもとに女を救うスカウトマンになる。敵だったキジーとカイトもロッキーに寝がえり、いつか虐げた女を救い出し、クラブヘヴンという純白の城を築いた。

なんかもう、運命だなって思った。心底惚れた。家族を亡くしているのに女を守るという強固な意志で動くロッキー見てたら、体差し出して帰ってきてもらおうとか考えてた私がクソ馬鹿で、そのクソ馬鹿を捨てた男はもっとクソ馬鹿だと気付けた。

 

以上がメンヘラサレ女のきっかけトークです。読んでくれてありがとう。

何が言いたいかって言うと死にたくなっても偶然の導きで光が見えることはあるのであきらめないでほしいなってことです。

結局私はこれでEXILE本体にはまり、アルバムと福袋を購入しました。

来週発売のザムビ、死ぬほど楽しみです。

 

ちなみに元カレはよそで二股騒動起こした挙句性病にかかったらしいよ!

ざまあみろ!